本文へスキップ

中小企業・地域力活性化に尽力して約30年“まいど教授” 関西大学名誉教授 大西正曹 の事務所

コラム一覧 column

中小企業の存立基盤を問う 「地財」を活かした経営課題の解決方法 詳細ページ

私は過去40年間近くにわたり、中小企業を訪間してきました。「まいど―」の掛け声とともに、ほぼ3日に一度の割合で続けた結果、顔なじみになった中小企業経営者も多く、いつしかクまいど教授クのエックネームで呼ばれるようになっていました。これまでに訪れた企業は、とても数えきれません。
最初は東大阪ならびにその近辺が主体でしたが、大学の研究員として、また中小企業事業団(現・中小企業基盤整備機構)の産業集積地研究班員として、テレビ番組の講師としても各地を訪ねる機会が増えていきました。さらに、共同通信社の政経懇話会のメンバーとして各地で講和を行い、その都度、地域産業の状況を視察してきたのです。本レポートは、このように私自身が実際にこの足で現地へ赴き、この眼で現場を見て、この耳で経営者の声を聴いたからこそ知り得た知見を皆さまに披露するものです。
→続きは詳細ページ

ヒョウゴ経済 2017年10月号 No.136

オリンピック後の持続可能な発展を目指し 詳細ページ

 約610万枚と約210万枚。何の数字かご存知だろうか? これは先だってリオデジャネイロで開催されたオリンピック・パラリンピックの入場券販売数。大成功と関係者が胸を張る中、国内情勢を反映してか、スタジアムには空席が目立った印象がある。一方、掛け値なしに大賑わいだったのが「ジャパンハウス」。東京大会を見据えてリオ市内に10億円かけて設営されたPR拠点であり、約1千体のひな人形展示、書道や浴衣の体験、日本酒の試飲と、まさに「おもてなし」を体現しているのだ。当初の想定が約2万3000人だったのに対し、実際には約8万2000人もの来場者を迎えたとか。こうした数字からも、開催まで4年を切った東京大会に対する注目度の高さがうかがえる。
→続きは詳細ページ

大阪シテイ信用金庫『調査季報』2016年10月号

中小企業の事業承継(重要なのは人間力) 詳細ページ

 「事業は手続きさえ踏めば継承できる。しかし、経営の継承は思うようにいかない」。これは私、大西正曹が四十数年間にわたり中小企業を実際に訪ねて創業経営者と膝を交えるうちに、幾度となく耳にした嘆きの声である。事業継承は非常に難しい問題であり、また決して逃れることのできない宿命と言えよう。しかも中小企業を取り巻く環境は、今後も決して楽観視できるものではない。こうした中、これから事業を継承する経営者、すでに継承している二代目、三代目に求められる最も重要なもの。それは一人ひとりの「人間力」だと言われている。
→続きは詳細ページ

大阪シテイ信用金庫『調査季報』2015年10月号



ラジオ番組「まいど教授の日本社会へのエール! 」

FM79.7京都三条ラジオカフェ 
放送日時:毎月第1水曜 18:00-18:30 
2015-9-2 OA 秋津野ガルデンの取り組み紹介
   秋津野ガルデンhttp://agarten.jp/
2015-7-1 OA 大阪大学発ベンチャー企業の画期的な「国産木材の総合利用」と「建築耐震改修リニューアル」
  ゲスト:今井克彦さん(株式会社森林経済工学研究所代表取締役)
  コメンテーター:斉藤治さん(フリージャーナリスト)
2015-5-6 OA 有限会社アート印刷代表取締役に学ぶ!
  ゲスト:岡本匡章さん(有限会社アート印刷代表取締役)
2015-04-1 OA 釧路のソコヂカラ 石炭産業のいま
  ゲスト:石川孝織さん(釧路市立博物館 学芸員)

インフラのメンテは中小企業の出番 詳細ページ

日本にある橋梁70万の75%は市町村道
地方が橋を維持するには、金・人が大きく不足
橋梁を付け替え→長寿命化へ
メンテナンス=多種多様
小回りの利く中小企業
中小企業活性化に生かすべき市場
「東大阪橋梁維持管理研究会」発足と案件
詳細ページをご覧ください。

大阪シティ信用金庫『調査季報』2014年10月号

小企業の時代が来た 詳細ページ

中小企業の連携が課題
公的な研究所の活用がおすすめ
「地財」活用が地域の再生のカギ
「もの」から「こと」への発想の転換
「悉皆屋」文化と京都試作ネット
ものが言える枠組みが大切
コア技術の棚卸から
詳細ページをご覧ください。

一般社団法人関西中小企業研究所(平成26年1月15日)講演会抜粋

大阪の活性化のために 詳細ページ

 都市の魅力はそこに住んでいる人が、その都市で生涯暮らしたいと思えるかどうかにあると思います。たとえ、大阪を出たとしても、いずれは戻りたくなる都市にするための仕掛けが必要じゃないでしょうか。そのために、どんな産業を興すか、どんなネットワークを組むかを提案していかなければなりません。また、大阪人であることに誇りを持つにはどうすればいいかを学校で徹底して教えていかなければなりません。大阪が大好きだという原点には日本が大好きということがあります。
→続きは詳細ページ

投稿日時: 2014年1月16日

「地財」探求の面白さ 詳細ページ

「地財(ちざい)」とは何か。この言葉は新しく登場したばかりで、まだ湯気がたっている。今やっと始まったテーマであり、これからその内容を深め、対象を探り、鍛え上げられるために、多くの人の本格的な研究・活用への取組みを待っている。
→続きは詳細ページ

投稿日時: 2014年1月16日

需要を掘り起こそう 詳細ページ

景気は少し上向いてきたとはいえ、依然として日本の中小企業は厳しい経営環境に直面している…
→続きは詳細ページ

大阪市信用金庫『調査季報』2013年10月号





オフィスまいど

〒573-1113
大阪府枚方市楠葉面取町2-12-2
E-mail:info@office-maido.com
メールソフトを起動します