本文へスキップ

中小企業・地域力活性化に尽力して約30年“まいど教授” 関西大学名誉教授 大西正曹 の事務所

プロフィールprofile

オフィスまいどは、“まいど教授”こと大西正曹(おおにし まさとも)
の個人事務所です。


約30年間、東大阪を中心に3日に1社、各地の中小企業を訪問しています。
全国至る所に出没することから、経営者から「まいど教授」「宅急便教授」などと
”親しみ”を込めて呼ばれます。 これからも現場の実情を踏まえた数多くの講演、新聞、雑誌、テレビにて中小企業振興策や地域力再生を提言し、
中小企業の活性化に尽力してまいります。


関西大学 名誉教授

元社会連携部産学官連携コーディネーター

一般社団法人大阪モノづくり観光推進協会理事
大館市エコタウン運営委員会名誉顧問
大阪シティ信用金庫顧問
東大阪市技術交流プラザ委員長
JICA中小企業育成支援講師
関西大学バイオファイナリープロジェクトメンバー
東大阪市産業技術支援センター運営委員会委員長
共同通信社政経懇話会講師

*過去の実績(略)*

・東大阪橋梁維持管理研究会(現NPO法人橋守支援センター関西支部)事務局長
・京都府城陽市「JR城陽駅周辺商業再構築検討会議」アドバイザー
・NHK21世紀ビジネス塾講師
・朝日21関西スクエア企画運営委員
・関西メガ・リージョン活性化構想検討委員
・モビオ運営委員
・近畿経済産業局関連プロジェクト委員歴任


◆NHK21世紀ビジネス塾講師/朝日21関西スクエア企画運営委員(関連記事)
 関西メガ・リージョン活性化構想検討委員/モビオ運営委員
 近畿経済産業局関連プロジェクト委員歴任
◆最近の著書『中小企業再生の道―東大阪30年歩いて見たもの』
 『時代の車窓から見た中小企業』『よみがえる地財産業』
  他 日本経済新聞・読売新聞にてコラム掲載
◆最近のテレビ出演
 2013年11月11日 関西テレビ スーパーニュースアンカー 18時台の特集にて出演
 「人呼んで「まいど教授」~中小企業や農家を訪ねる71歳~」
 2009年09月10日 朝日放送 ビーバップ!ハイヒール(ゲスト「カシコブレーン」として出演)
 「あなたの知らない モノづくりの街・東大阪」
 http://asahi.co.jp/be-bop/backnumber/090910.html
◆最近の新聞・雑誌掲載(ただいま整理中です。)
 2016年7月21日 神戸新聞
 「地域再生 オール丹波で」
 クリックで拡大します。
 2014年11月4日 日刊工業新聞
 「道路橋維持管理で連携 京阪神の中小企業23社が研究会 工法などの開発を狙う」 記事画像
 2013年4月4日 朝日新聞
 「まいど教授の大西さん、中小企業研究を一冊に」
 http://book.asahi.com/booknews/update/2013040900002.html
 2012年12月14日 日経産業新聞
 Industrial Focus ⅩⅠ ~企業間連携強化で関西の産業力再生 「地財」がものづくり復権のカギ
 2012年4月16日 TheNewYorkTimes
 “Declining as a Manufacturer, Japan Weighs Reinvention”
 A version of this article appeared in print on April 16, 2012, on page A1 of the New York edition with the  headline: Amid Decline, Japan Weighs A Reinvention.

http://www.nytimes.com/2012/04/16/world/asia/amid-manufacturing-decline-japan-weighs-a-reinvention.html?pagewanted=all&_r=0
 2012年1月31日 読売新聞朝刊
 地方を生きる 第13部⑤ 官の支援 再興へのカギ
 2011年5月25日 神戸新聞東播版
 地域ニュース「被災地へ新鮮野菜を」
2010年12月20日 
 産業構造変化を甘く見た大阪  日本経済は大阪の二の舞いか
 http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1587?page=2

 日本経済新聞
 「創造の地 ものづくり拠点『地財』が重要な役割」
 2010年12月15日 産経新聞朝刊
 ドデカ迎春
 2010年 朝日新聞 夕刊
 「かすむ復権 もがく財界」2010年参院選 関西の現場から
 2010年12月7日 朝日新聞 朝刊


◆ラジオ番組
 京都三条ラジオカフェ FM79.7
 番組名:まいど教授の日本社会へのエール!
 ジャンル:地域・まちづくり
 放送日時:水曜日 18:00-18:30 毎月第1水曜日
 パソコンやスマホからは、http://radiocafe.jp/how-to-listen-radio/

過去の実績

主な社会的活動
平成12年・13年  創業ベンチャー国民フォーラム近畿地方活性化委員会委員
平成12年~継続中 大阪市信用金庫 市信 J クラブ主催
平成12年~継続中  中小企業経営者向けオープン講座・関西大学・大同生命   共催 企画委員
平成13年~継続中 東大阪市技術交流プラザ委員長
平成13年 JICA 中小企業指導員
平成14年 ジェトロ中小企業指導員
平成16年~平成18年 3月  関西中小企業大学校 講師
平成17年~継続中 大阪都市経済調査会委員
平成17年~継続中  財団法人全国市町村研修財団 市町村アカデミー 講師
平成17年~継続中 JICA 投資環境セミナー講師
平成20年~平成21年  近畿経済産業局 関西メガ・リージョン活性化構想委員会  委員
平成21年  朝日新聞「朝日21関西スクウェア」2009年度企画運営委員
平成22年~継続中 一般社団法人大阪モノづくり観光推進協会
平成24年4月~平成26年 3月 mobio運営委員会委員

そのほか、各地で経営者の後継者を集め次世代企業を目指して商品開発セミナーと第二創業塾を主催。
NHK21世紀ビジネス塾講師も務める。

執筆


 詳細ページ
『中小企業再生の道─東大阪30年歩いて見たもの─』単著 2013.2 関西大学出版 3,240円
概要:日本の中小企業は、厳しい内外の経済環境に直面して、この30年間大きく変貌を遂げてきた。その姿をひたすら30年間地道に探訪を繰り返し、新聞、テレビ、雑誌、研究誌に現場の姿を活写し、さらに、多くの講演会で解決のための処方箋を提示してきた。本書は中小企業経営者から「まいど教授」の愛称で親しまれている、大西正曹教授の30年に及ぶ東大阪を中心にした探訪記である。


 詳細ページ
『時代の車窓から見た中小企業』 編著 2012.9 晃洋書房 2,592円
出版社からのコメント:中小企業によるモノづくりの未来を拓くために、今改めて時代の流れの中からその動きを見直してみると、今まで見えなかった中小企業の真の姿が見えてくる。歴史を概観し、生きた事例を紹介し、現場から新たなモノづくりによる産業創造の実践に向けて提案する。


 詳細ページ
『よみがえる地財産業─農業、石炭、繊維、漁業、林業、鉱業の復活 』単著 2005.11 同友館 1,728円
概要:かつて繁栄した産業も、ピークを過ぎると衰退への下り坂を一気に下っていく。その典型的な例である石炭産業や繊維産業が復活しつつあることをご存じだろうか? もう終わったと思われていた産業が復活するさまは感動的であり、また多くの示唆を含んでいる。

『都市の風土学』共著 2009.4 ミネルヴァ書房
「東大阪市製造中小企業調査─東大阪市高井田地区─【事例編】」
 単著 2007.3 関西大学経済・政治研究所 『調査と資料』第104号
「東大阪市製造中小企業調査─東大阪市高井田地区─【分析編】」
 単著 2005.3 関西大学経済・政治研究所 『調査と資料』第102号
「東大阪市製造中小企業調査 ─東大阪市高井田地区─【実態編】」
 単著 2004.3 関西大学経済・政治研究所 『調査と資料』第101号
「グローバリゼーションと地域の変化 ─岩手県北上川流域産業集積地の事例ー」
 単著 2001.3 関西大学経済・政治研究所『調査と資料』第96号
「東大阪市中小企業10年の軌跡」 単著 1999.3 関西大学経済・政治研究所 『調査と資料』第94号
「東大阪中小企業の生産ネットワークの現状と課題」 共著 1999.3 アジア経済研究所 25-43
「東大阪の貸工場」単著  1989.3 関西大学経済・政治研究所 『調査と資料』第68号
「長野県の経済と雇用失業問題」 共著 1989.3 関西大学経済・政治研究所 『調査と資料』第67号
「経済環境の変化と中小企業」単著 1978.3 関西大学経済・政治研究所 『調査と資料』第64号
『経営理念の社会学的研究』共著 1976.6 晃洋書房

論文
インドネシアのサポーティング・インダストリーの現状と課題:1995年調査による
 単著 2011.11 関西大学社会学部紀要 43(1)21-131
地財として見た、東大阪の中小企業集積
 単著 2007.3 関西大学経済・政治研究所 研究双書第144冊『社会変動と関西活性化』:55-87
東大阪市中小企業活性化─東大阪市高井田地区調査から見た処方箋
 単著 2005.3 関西大学経済・政治研究所 研究双書第137冊『社会的 革新と地域活性化』:43-71
メンテナンスの視点で見た産業システム(3):東大阪市中小企業の場合
 単著 2005.2 関西大学社会学部紀要 36(1):185-231
メンテナンスの視点で見た産業システム(2)
 単著 2004.3 関西大学社会学部紀要 35(3):61-88
メンテナンスの視点で見た産業システム(1)
 単著 2003.10 関西大学社会学部紀要 35(1):15-32
IT 化社会における金型産業の変容
 共著 2001.11 国民生活金融公庫総合研究所 調査季報 59:46-75
事例から見る東大阪中小企業の取引ネットワークの変化
 単著 1999.3 関西大学経済・政治研究所 研究双書第114冊『グローバ リゼーション・リスクの研究』 88-107
東大阪地域における中小企業集積の分析 (機械工業における分業構造の変化)
 単著 1997.5 国民金融公庫 調査季報 41:44-68
高等専門学校制度の社会学的研究:高専卒業者の意識調査を中心に
 共著 1980.3 金城学院大学論集 社会科学編 22:19-50
農村成人の余暇活動の研究
 単著 1976.3 仏教大学研究紀要 60:163-181
中小企業協業化が従業員に及ぼす影響
 単著 1974.3 仏教大学研究紀要 58:67-102
若年女子労働者の離職・移動の研究 -1-奈良県 T 市 T 縫製品工業の場合
 単著 1973.9 仏教大学社会学部論叢 7:27-41
但馬地方における酒造出稼の現況
 単著 1971.3 仏教大学研究紀要 55:279-306
経営組織の実証的研究 ─K 自動車用歯車製造会社の場合
 単著 1968.10 大阪産業大学論集 23:43-69
丹波酒造出稼ぎ者の現況
 単著 1968.9 仏教大学社会学部論叢 2:159-175


その他

鼎談(講演録第 5 回 NOCHS レクチャーシリーズ大阪のモノづくりのおもしろさ 祥登・佐藤元相と鼎談)
 共著 2008.3 なにわ・大阪文化遺産学研 水戸究センター2007:56-83
第 5 回 NOCHS レクチャーシリーズ基調講演(大阪のモノづくりのおもしろさ)
  単著 2008.3 なにわ・大阪文化遺産学研究センター2007:52-56
2極化 売上高3億円超が中小企業の存続条件
  単著 2005.5 エコノミスト 83(29):80-81
現場の力を引き出す経営─まいど教授が語る関西企業の底力 3
  単著 2005.1 りそなーれ (1):18-23
関西中小企業への提言─キーワードは「東アジア」と「クリエーションネオ産業」
  単著 2004.3 りそなーれ , 近畿大阪版 2(3):4- 9
第二創業支援に見る地域金融機関の役割
 単著 2003.11 信用金庫 57(11):12-18
経済政策に「経営者育成」の視点を─中小企業の第二創業こそが日本経済復活のカギ
  単著 2001.9 論座 76:104-111
地域振興と企業誘致
 単著 2001.7 産業立地 40(7):9-12
中小企業を救う第二創業─「倒産寸前」を乗り切った花巻市の塗装業
 単著 2001.6 エコノミスト 79(24):98-99
仲間同士の絆の回復が、 産業集積地再生につながる
 単著 2000.4 東海総研マネジメント (151):2-5
時代を読む(2)メンテナンスビジネスは「新生活創造産業」─発想の転換で中小企業の活路を開く
 単著 2000.3 あさひ銀総研レポート 9(3):12-17
日本の産業を支える中小企業
 単著 2000.3 保安月報(422):11-18
講演 日本の産業を支える中小企業
 単著 2000.1 産業立地39(1):38-45
国際競争力を高める重層的ネットワーク
 単著 1998.11 24(11):44-46
グローバル化と地球経済
 単著 1997.4 ジェトロセンサー4 月号 13-14;20-21
アジア・太平洋地域における産業振興整備計画調査(2)
 共著 1997.3 社団法人 システム科学研究所 189-258;276-291
(巻頭言)日本のモノ造り─真・善・美
 単著 1997.12 商工金融 47(12):1-2
アジア・太平洋地域における産業振興整備計画調査(1)
 共著 1996.3 社団法人システム科学研究所  92-112;241-332;389-405
問題抱えるアジアの自動車産業
 単著 1996.12 週刊東洋経済(5394) :114-115
「大競争」時代を勝ち抜く
 単著 1996.11 さくらあい(65):4-7
モノづくりの街 東大阪市の再生
 単著 1994.8 近畿通商産業局『マンスリ ー近畿』 8 月号:34-37
東大阪の貸工場に見る新規開業
 単著 1994.4 国民金融公庫調査月報 (396):24-27

(研究ノート)中小企業発展に求められるコト 単著 2011.3 関西大学社会学部紀要 42(3):55-81
(研究ノート) 単著 2010.11 関西大学社会学部紀要 東大阪地域における中小企業集積の分析 42(1):185-231
(研究ノート) 単著 2010.3 関西大学社会学部紀要 地財として見た、日本の中小企業(その 1 ) 41(2):185-231

略歴

昭和36年 4月 甲南大学 文学部 入学
昭和38年 4月 甲南大学 経営学部 転入学
昭和40年 3月 甲南大学 経営学部 卒業
昭和40年 4月 甲南大学 大学院 修士課程 人文科学研究科 応用社会学専攻 入学
昭和42年 3月 甲南大学 大学院 修士課程 人文科学研究科 応用社会学専攻 修了

職歴
昭和42年 4月 大阪産業大学 教養部 助手
昭和44年 4月 佛教大学 社会学部 助手
昭和46年 4月 佛教大学 社会学部 専任講師
昭和52年 4月 佛教大学 社会学部 助教授
昭和57年 4月 関西大学 社会学部 助教授
平成 2年 4月  関西大学 社会学部 教授
平成22年 4月  関西大学 社会学部 特別契約教授                                                                                                      同   名誉教授
平成25年 3月 関西大学 社会学部 退職
平成19年10月~平成21年 9 月 関西大学地域連携センター 副センター長
平成25年 4月 関西大学社会連携部産学官連携コーディネーター

非常勤講師歴
昭和47年 4月~昭和53年 3月 桃山学院大学社会学部 基礎研究 基礎演習
昭和52年 4月~昭和56年 3月 奈良教育大学 教育情報処理論
昭和56年 4月~昭和57年 3月 関西大学 社会学部 産業社会学実習
平成10年 4月~平成16年 3月 京都外国語大学 外国語学部 東アジア文化演習
平成12年 4月~平成14年 3月 関西学院大学 社会学部 産業人間関係論
平成16年 4月~ 京都外国語大学 大学院 外国語学研究科 東アジア文化演習

主な所属学会
日本社会学会   関西社会学会  経済社会学会


このページの先頭へ


オフィスまいど

〒573-1113
大阪府枚方市楠葉面取町2-12-2
E-mail:info@office-maido.com
メールソフトを起動します