大西正曹と親しくさせていただいておりました皆様へ

父は去る令和4年3月17日
79歳にて永眠いたしました
ここに生前のご厚誼に
深く感謝し謹んでご通知申し上げます

葬儀におきましては
昨今の状況を鑑み
家族のみにて執り行いました

つきましては
故人を偲び下記の通り
「偲ぶ会」を執り行いますので
ご多用中誠に恐縮ながら
ご参会賜りたくご案内申し上げます



日時:令和4年7月3日(日)
12時開始(受付11時より)
会場:ホテルセイリュウ http://www.hotelseiryu.com/
大阪府東大阪市上石切町1-11-12 Tel072-981-5001

・当日は故人を偲び式典を執り行いますので開始時間までに受付へお越しください
・式典後は隣接会場にてご歓談の場を設けておりますのでぜひお立ち寄りください
・尚 誠に勝手ながらご香典 ご供物 ご弔電の儀は固くご辞退申し上げます

お手数ながらご都合のほどを
下記URLよりお知らせください
6月3日までにご返信賜りたく
お願い申し上げます
https://forms.gle/ZRhBB4dMcvTvNBZu7

喪主 大西 博子
〒573—1113
大阪府枚方市楠葉面取町2丁目8番3号
TEL/FAX 072-850-4058

親愛なる皆さまへ

2022年3月17日20時50分、父・大西正曹が息を引き取りました。享年80(満79歳)でした。
今まで大病を患ったこともなく、大きな交通事故に遭っても無傷で帰ってくるほど強運の持ち主で、今回のような1か月以上の入院生活は初めてでした。
父の闘病は1月31日、新型コロナへの感染がきっかけでした。しばらく自宅療養をしておりましたが、容体が急変し、2月4日に救急搬送されました。入院当初は予断を許さない状態が続き、不安な日々を過ごしておりましたが、2月末頃には小康状態となりました。新型コロナの治療が進み、3月半ばの退院が見込める状態にまで回復したのです。しかし、3月10日頃から急に肺の状態が悪化し、12日以降は父からのメール連絡が途絶えて、15日に危篤状態に陥りました。
入院中、直接会うことは一度も叶いませんでしたが、新型コロナの治療を終えていたこともあり、病院のおはからいで、14日に一般病棟へ移動させていただけたことには心から感謝しております。そのおかげで、父と最後のお別れができたことは、せめてもの救いでした。
父の希望もあって、お見送りは家族だけでさせていただきました。事後報告となりましたが、生前に皆様から賜りましたご厚情には深く感謝いたしております。父に代わりまして、御礼申し上げます。

故大西正曹 長女博子

オフィスまいどの
ホームページへようこそ。

中小企業・地域力活性化に尽力して約40年
"まいど教授"こと 関西大学 大西正曹 の事務所です。

*大西正曹(おおにしまさとも)の簡単なご紹介*
約40年間、東大阪を中心に3日に1社、各地の中小企業を訪問しています。 全国至る所に出没することから、経営者から「まいど教授」「宅急便教授」などと”親しみ”を込めて呼ばれます。 これからも現場の実情を踏まえた数多くの講演、新聞、雑誌、テレビにて中小企業振興策や地域力再生を提言し、中小企業の活性化に尽力してまいります。

ご挨拶

長年、“まいど”“まいど”と至る所に出没し多くの中小企業を訪問、中小企業活性化や地域活性化のお手伝いをしてまいりました。これからも現場の実績を踏まえた提言を多くの方々に活かしていただきたく、力の続く限り尽力してまいります。
オフィスまいどは、講演・出演・執筆・コメントなどのご依頼の窓口となっております。

新着

2021年12月22日

読売新聞秋田県版に掲載されました。

クリックで拡大

2021年12月18日

北麓新聞に掲載されました。

クリックで拡大

2021年9月28日

9月15日の講演がYoutubeで公開されました。

2021年8月5日

京都三条ラジオカフェ(NPO京都コミュニティ放送)にて
VUCA時代に挑む中小企業~まいど教授が示す、中小企業経営の羅針盤
の配信を始めました。
毎月第1木曜日【番組紹介ページ】

2021年1月18日

新著 2021年2月5日、同友館より大西 正曹 著『VUCA時代に挑む中小企業ーまいど教授が注目する16社の事例と提言』が発売されます。
(ネットでは2月3日より発売)amazon 楽天市場

 

ラジオ VUCA時代に挑む中小企業~まいど教授が示す、中小企業経営の羅針盤